参加させていただきます

2018年11月24日 閃華の刻 大合戦にて頒布予定のアンソロジー、

『刀剣男士とクラシック音楽アンソロジー『刀の主題による小組曲』』

に参加させていただきます。

 

刀剣男士とクラシック音楽アンソロジー『刀の主題による小組曲』

http://classicantholo.blog.fc2.com/

 

作品の形式は文章で、登場キャラクターは厚藤四郎、

モチーフとなる曲は、J.S.バッハの『無伴奏チェロ組曲 第一番』です。

雨の日、一人でチェロを弾く厚くんの様子を淡々と書いたものになる予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

以下蛇足。

続きを読む

千代金丸きました

56.png

ぼんやりプレイしてましたが、ぎりぎり間に合いました。

千代金丸くんです。セーフセーフ。

 

ここのところ本当に本当にばたばたしている中で、

ぎりぎりセーフでした……ふー。

時間が区切られているゲームって、なんだかお仕事みたいで大変です。

今回はだめでも持ち越しOKなら、のんびりやるんですが、

持ち越しなしのリセットなので、結局やることが同じことならとじりじりやってしまいます。

 

 

七夕月間始まってます

七夕月間が始まったよ、という話を書くのを忘れていました。

始まっています。

 

最近はといえば、原稿で修羅場ってます。

原稿以外でも、いろいろやってて、それはそれで修羅場っています。

どうも、時間の隙間があるとなんでもつめこみたくなる悪いところがありまして、

今も詰め込み状態にあります。

余裕があっても焦らない心がほしいところです。

 

ふー

文学フリマが終わり、だいぶ落ち着いてきました。

文学フリマ当日は、弊スペースまでお越しいただきありがとうございました。

 

イベント前というのはおよそどたばたするものでありまして、

今回もまあ、どたばたしました。

というか、イベント前にどたばたしないことがないのですが、

今回はとびきりどたばたしました。

具体的にいうと、一日で13000字くらい書いて本にしました。ひどい。

青川さんとの合同誌で、プリパラの1.5次創作になります。

 

プリパラという女児向けアーケードゲーム・アニメーションが、あります。

その世界観を使わせていただきつつ、オリジナルのキャラクターを動かす、ということで、

創作と二次創作の間、1.5次創作としました。

作品展開が今年の三月末で終わったため、ポップな見た目に反して、

「追悼本」というなんとも薄暗いコピーがついています。

なにも知らない上、調べる時間もなかったので、

ブラジルの描写をサッカーとカーニバルだけで押し切りました。力業。

 

鰊パイ互助会様の、『平成勤労婦人詩集2』にも参加させていただきました。

以前より 信仰 親交のありました、村崎式子さんにお声かけいただきまして、

詩を載せていただきました。

 

昔からサイトにいらしてくださったかたはご存じかと思いますが、

かつてサイトには詩がたくさんありました。

なんとも気恥ずかしく、今は全て削除してあります。

そんな反省が活かされた作品になったかなと思います……(笑)。

 

イベント直前に、カレー沢薫先生が帯を書いてくださることを知り、

文字通りひっくり返りました……嘘でしょ……人生の運? なにかそれ的なアレを、

すべて使い果たした気がします。

 

鰊パイ互助会様にはたいへんお世話になりました。

ありがとうございました!

 

 

どたばたしたおかげで日常生活でいろいろなことを横においてくはめになりましたので、

イベント後、ちまちまとあれこれやっていたのですが、

そうこうしているうちに、ものの見事に体調を崩しました。

ままならない……。

 

最近じゃ、すっかり何をすべきだったのかよくわからないくらい、

ぼんやりしているというか、バタバタしていてわからなくなってしまったというか、

まあ、なんかそんな感じなので、

数時間喫茶店で遠くをみたりした方がいいかなあ、と思う次第です。

問題はそんな時間がないってことなんですけども……(つらい)。

 

とりあえず、今後のことを、言いっぱなしジャーマンします。

続きを読む

まあ

53.png

まあ、文フリの準備をしながらも刀剣乱舞やってるんですけれど(…)。

無事、南泉一文字くんをお迎えしました。

いらっしゃいにゃー。

 

しんけん!!に出てきた南泉一文字モチーフの女の子、

一文字なずみちゃんにはとてもゲームの中でとてもお世話になったので、

(奥義が、1/2の確率で即死だったので……)

刀剣乱舞の南泉一文字くんもばっちり育てていきたいなあ、と思うのです。

残りは謙信くんだけだ……謙信くんだけだ……。(うわ言

5月6日は文学フリマ!

毎度おなじみ、ドタバタの告知でございます。

5月6日開催の、第二十六回文学フリマ東京に参加いたします。

 第二十六回文学フリマ東京 
開催日 :  2018年5月6日(日) 会場 : 東京流通センター 第二展示場
時間 : 11:00~17:00予定
スペース番号 : イ-43
webカタログ : https://c.bunfree.net/c/tokyo26/2F/イ/43


鰊パイ互助会様『平成勤労婦人詩集2』に参加させていただきます。
私は、『会社は楽しいことばかり』と『真っ黒な小箱』の二作を
載せていただいております。
頒布価格は700円です。
お手にとっていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします!

詳しくは、鰊パイ互助会様のサイトでご確認ください。

作ってあげない、非モテごはん ~鰊パイ互助会活動日誌~
「第二十六回文學フリマ東京にて『平成勤労婦人詩集2』を頒布予定です。」


すいません……自前の新刊は、なんかたいへんなことになっててわちゃわちゃしてます……。
近々なんとか告知できたらいいのですが……がんばります。

静ちゃんいらっしゃい!

51.png

刀剣乱舞の鍛刀イベントが始まりました。

ちょこちょこ鍛刀しつつ調子をみて、

ここぞ、というところで精力的に鍛刀をし、静形薙刀を無事迎えました。

 

鍛刀イベントって、長い時間かけてためてきた資材がぐんぐん減り、

「いつくるんだ……いつくるんだ……」

とうめくイベントではありますが、

さすがに三年もやってると、「ここか」みたいなタイミングがありまして……。

割と効率よくやっていけるようになった気がします……気のせいかもしれないですけど。

 

……数珠丸のときがひどすぎて、何があっても動じなくなったってのもありますけど……。

 

 

文フリの原稿? 全然ですね……へへへっ。

今回はちょっと、いつも以上にひどい状態ですね……へへへっ。

鍛刀イベントが長引かなくて本当によかったですよ……へへへっ。

ここのところ

ここのところ、日記を書けていませんでしたね。

一月から少しばかり生活リズムが変わった関係で、慣れるためにじっとしていました。

今もまだ慣れているとは言い難いのですが、

少しずつ気持ちが落ち着いてきたように思います。

諸々連絡が遅くなってしまって申し訳ありません。

もう少ししたら、同人関係のもろもろをこちらでご連絡しますね。

 

最近はといえば、もっぱらゲームをしていまして……。

特にスマホゲームが多いです。

なかなかかたまった時間がとれないので、合間合間に娯楽やら読み物を求めると、

ゲームに偏りがちになってしまいます。

本を読むなら腰を落ち着けて、最低一時間はとって……と思ってしまうのが

よくないのだろうなあ、とは思っています。

 

刀剣乱舞で、ログインごとにもらえるシール(という名のゲーム内アイテム)は、

小豆長光と交換しました。

残るは謙信くんだけです。コンプリート間近……!

育てきれてない子が多いのが難点ですけれど……。

 

最近は刀剣乱舞をプレイする代わりにあんさんぶるスターズ!をプレイすることが多いです。

一月に四つ、確実に新しいお話を読めるのです……ありがたい。

癖のある文体になれるのに時間がかかりましたが、今は楽しく読んでいます。

先日、ValkyrieとRa*bitsのイベントをぐるぐるまわっていました。

Ra*bitsというユニットがかわいいので、応援しているのです。

 

ほかにも城プロもプレイしています。

こちらはむしろ、お話というよりは戦略もののため、ユニットをいかに配置するかを楽しんでいます。

あと、女の子がかわいい。

城プロの子は、男性向けを意識しているのだな、というキャラ造形ではありますが、

同時にお城の化身みたいな女の子であるために、基本的にみんなオバカじゃないのがいいです。

うなる

サイト全体をfreoで運営して、より更新しやすくしようと思うのですが、

希望の形にするところでかなり苦労しています。

それ以上に、たとえ希望の形になっても、

なにか問題が起きたときに再現をするのが不可能である、

という悲しい事実に気づいてしまったのでした。悲しい。

 

たくさんある機能から必要な機能だけを取り出して削っていく、というのは

素人でもできる行為なのですが、

必要最低限の機能にプラスしていく、というのは、素人には結構難しいです。

プログラムをコピペするだけにしても、どう整理すべきなのかがわからないのですね。

ぐおー。

「少女終末旅行」が気になる

アニメを積んだままです。『少女終末旅行』。

めちゃめちゃ気になってるので、みなくちゃみなくちゃ、と思っています。

 

原作のwebで公開されているものだけを読んできたのですが、

彼女たちの旅の果てがあれだというのがすごくいいな、と思います。

アニメのOPもシャレていますよね。

メロディラインもですが、歌詞が韻を踏んでいる。好きです。

 

ポストアポカリプスもの、好きなんですよね……。

自分で書こうとすると、主張がきつくなりすぎたり、

世界の説明が多くなりすぎたり、逆にさらっとしすぎたり、

登場人物の説明が強すぎたり、逆に薄ぼんやりした人になったり、

いい感じのバランスにならなくていつも頭を抱えます。