2017年08月

5月6日は文学フリマ!

毎度おなじみ、ドタバタの告知でございます。 5月6日開催の、第二十六回文学フリマ東京に参加いたします。   第二十六回文学フリマ東京 開催日 :  2018年5月6日(日) 会場 : 東京流通センター 第二展示場 時間 : 11:00~17:00予定 スペース番号 : イ-43 webカタログ :  https://c.bunfree.net/c/tokyo2... 続きを表示

江ちゃんきました

go.png

秘宝の里、お疲れさまです……!

無事、籠手切江くん、来てくれました。

 

短い期間で、10万個はさすがに無理がありますね……。

日常生活の中でちょっと遊ぶ、の範囲をこえてくる感じで、きつかったです……。

でも、江なんですよ、江……郷義弘の刀が元ネタなら、やるしかないじゃないですか……ううっ。

今回は無課金でやりきりましたが、今度から課金を考慮に入れた方がいいかもしれません……。

 

完全に燃えつき症候群だったんですが、ここのところイベント続きで、

通常マップでまったく遊ばなくなっていたと思い、気まぐれに6-4に行ったんですが……。

nihongo.png

実装以降、通常マップ、イベントマップ全てでフられ続けていた日本号がドロップしました。

黒田組推しですが、唯一きていなかった日本号がドロップしました……。

元ネタになった槍を福岡に行って、この目でみたのに、

ゲームでは来てくれなかった日本号がドロップしました……。

大切なことなので三回言いました。さすがにびっくりしました。

 

同じDMMプラットフォームで、同じ日本刀モチーフのゲーム、

「しんけん!!」がサービス終了を発表して、かなり落ち込んでたんですよ……。

自分でも、「こんなに思いを傾けていたのか……」と思うくらい落ち込んでたんです。

籠手切江を得るためにがんばったのも、

「しんけん!!」にいる、郷義弘の刀の女の子たちがすごくかわいかったからです。

諸行無常のブラウザゲームとはいえ、本当に終了が悲しい。

 

そんなとき、ふっと日本号がきたので、

「違う“ごう”だ……」

と思いつつ、気持ちを持ち上げるようにきてくれたので、ありがたいなあと思う次第です。

まあ、今、蜻蛉切と御手杵は長期遠征中だから、ノルマクリアできないんだけどね!!

アンケートをとりました

夜中のテンションで、twitterに新刊アンケートを放流しました。

書く書く詐欺をしていた話が選択肢に入っています。

いつもと同じく、どれも派手な話ではないんですが、

アンケートにあたり、わざと派手な文言を選んでみました。

 

遅い時間だったので、「誰もみてないだろう」と油断していたら、

三票入っていました。マジか……。

結果はこちらです。 

 偏ってる……!!!!

 

「女装男子と男装女子の話」ですか……。

想像されてるようなものとは全く違う話だと思うんですが……大丈夫ですかね……心配。

 

とりあえず、検討してみようと思います。

回答、ありがとうございました。

申し込んであります

ここで書いたか記憶があいまいなので、改めて書いておきます。

秋の文学フリマ、申し込んであります。

入金もすませてありますので、出展は確定です。

よろしくお願いいたします。

 

なにを書くか全然考えてなくて……いつものことですけど。

前の記事にも書きましたが、ネタはあるんですよ……ネタは……。

どれを書くか悩んでるだけで……。

twitterのアンケート機能でも使ってみましょうかね……(笑)。

ひっくりかえす

生きている内に書き切れるのか、みたいな感じの数のネタが、

HDDの中にたまっています。

書いていないわけではないけれど……ネタのほうが早くたまっていく……。

 

とにもかくにも、今年中に刀剣の二次創作をどうにか、

最低限たどりつくところまで、たどりつかせたいんですが、

今書いてるところが難しくて、完全に止まっています。

次の話は、箸休め回のはずなんですが……おかしい。

コミケに行きました

コミケに行ってきました。

一日目の8/11、二日目の8/12に。

 

今年は例年と比べて涼しく、参加するのはそんなにつらくなかったのですが、

やはり体力的な問題がありますね……疲れた。

さすがに三日目は行きませんでした。

 

久々にお目にかかったかたもいらして、

みなさんお元気そうでよかったです。

本を買いに行くのも目的ですが、半年に一回、お友だちと会うのもまた、

一つの目的ですよね。

 

一度コミケにサークル参加してみたいのですが、お盆にしろ、年末にしろ、

ばたばたする時期だなあ、と考えているうちに、

参加申し込み期間がすぎてしまいます。

 

そうそう。

コミケのあと、別件で池袋に行ったのですが、

たまたま池袋に映画をみにきていたお友だちとばったり遭遇しました(笑)。

コミケの時期は休暇の時期ということもあって、

約束せずともコミケ会場でいろんな人に会うのですが、

まさか街中で会うとは思いませんでした……(笑)。

約束なしに、ばったり会うのって、なんだかとてもよいものです。

遅くなりましたが

遅くなりましたが、七夕月間終了です!

ありがとうございましたー!

 

私に編曲の引き出しがないので、これ以上新しいバージョンを作るのは無理そうですが、

MMDをつかってミクちゃんに踊ってもらう日がくるまで、

私は七夕月間をやめないぞー!(?)

 

MMDを使ってミクちゃんに踊ってもらうためには、

自分でふりつけして、それを動画で撮って、

動画の自分の姿にあわせてモーショントレースしなくてはならない、と思うと、

虚しさがハンパないんですが、

そういうことには目をつむって生きていきたいと思います。

小竜景光きました

16.png

小竜景光きました。

今回は前回までと比べてなかなかきてくれませんでしたが、

物量で攻めました……おつかれ!

 

あとから実装されたキャラクターの方がキャラが濃い、という噂がありますが、

小竜景光はむしろ、刀剣乱舞というゲームの中で、

かなり普通のキャラクターにあたるのでは……という感じがします。

普通の正統派さわやかイケメン……。

突然正統派とはいえない部分が出てくるかもしれないので、油断ならないのですが(笑)。

 

鍛刀イベントは、数で殴ればどうにかこうにか、という感じがしています。

日々こつこつ遊んで、こつこつ資材をためていれば、物量で攻める体力がつく……。

逆にドロップイベントはダメです……本当にこない。

……ええ、先日の大阪城イベントで、毛利くんきませんでしたとも。

悲しみ。

博多藤四郎をみてきました

博多藤四郎をみてきました。

……はるばる岩手は一ノ関まで!

 

刀剣乱舞をプレイする前も、刀をみるのは好きでしたが、

あくまで「行った先の博物館・美術館に刀があれば、みる」くらいなものでした。

それが、今や刀をみるために遠征までしています!(笑)

 

刀、というか美術品全般において、半世紀に一度しか見せてもらえないことはざらです。

「生きているうちに次の機会があるとは限らない!」と思えば、

そりゃあ、遠征してしまいますよね……(笑)。

今のところ行ったのは、名古屋、京都、福岡、金沢、三島……足利も入れていいかな。

中でも足利と一ノ関は、刀遠征まで行ったことのない土地で……。

出無精なわりに、あちこちに行きました。

 

今回はの遠征は、「博多藤四郎」という名前の短刀が目的でした。

現在、東北復興支援のため、文化庁所蔵の文化財の展示が一ノ関で行われています。

そこに博多藤四郎が展示されることになったのです。行くしかない。

 

刀の展示は、全体的に展示位置が低めでした。

照明の配置もよく、どの刀も地肌がよくみえました。

博多藤四郎のほかにも、同じ粟田口派の久国の太刀もありましたよ。

派手な刀、力強い刀も素敵ではありますが、

粟田口派を含め、山城伝の品のいい刀が好みだな、と思っています。

ほかにも、中務正宗や、手掻派の刀もみれましたよ。うふふ。

 

文化庁所蔵の文化財の展示なので、焼き物、絵画なども展示されていました。

特に、能面の展示がすばらしかったです。

能面は普通、壁にかけるように展示されていますが、

置く形で展示してあったため、角度によって変わる能面の表情がよくみえました。

銅鐸もみましたよ。

銅鐸をみると、どうしてもテンションがあがります(笑)。

 

帰りに、少し足を伸ばして平泉の中尊寺にも行ってきました。

山の中にお堂がいくつもあり、その先に中尊寺がありました。

前日が雨だったそうで、道がぬかるんで山道をのぼるのがたいへんでした……(笑)。

気温がそこまで上がらなかったので、暑さに苦しむことはありませんでしたが、

ぬかるんだ土が乾燥することもなかったので、どちらがよかったのか……。

 

金色堂も見てきました。

建物の中にガラス張りの部屋があり、その中に金色堂がありました。

雨よけの建物があったとはいえ、半世紀くらい前まで、

金色堂は普通に外にあったんですよね……ひええ。

縁のある場所なので、見に行けてよかったです。

 

ほかにも、松尾芭蕉の句碑をみたり、能舞台をみたり、宝物品の展示スペースをみたり、

「つわものどもがゆめのあと」な風景?をみたり、

中尊寺の脇で売られているソフトクリームを食べたり(笑)と、

お山をうろうろしてきました。

 

別の山?のところにある義経最期の場所?(あやふや)は行けなかったので、

またの機会があればそちらにも足を伸ばしたいです。