会誌系
初めに

ここにあるのはデータです。管理人の覚書です。
お問い合わせは各団体にお願い致しますが、
ほとんど在庫はないかと思われます。ご了承下さい。

下に行くほど古くなります。
SkyWalk
早大創作サークルGIFTの会誌。

vol.1 「根源と途中経過報告」(お話)
1と1/3 「次郎(日本名)と過ごせば」(漫画)
vol.2 「il frament」(詩と写真)
vol.3 「One Day Parade-先輩と私-」(お話)
vol.3.14 「地上の夜」(お話)
vol.4 「波よせて」(お話)
vol.5 「メトロフリークス」(お話)
vol.6 「青玉シャワー」(お話)
vol.7 「クロスポイント」(お話)

・SkyWalkベスト版に「il frament」、「メトロフリークス」再録
・同人誌「Cliche」に「波よせて」、SkyWalk版「メトロフリークス」再録
・同人誌「メトロフリークス」に加筆修正版「メトロフリークス」収録
Damned Xylophone
早大創作サークルGIFTの隔月テーマ本。

vol.1 「向日葵は揺れるまま」(お話)
vol.2 「昨日と今日」(お話)
vol.3 「Intermezzi 01」(お話)
vol.4 「The secondhand bookseller of many orders」(お話)
vol.5 「異邦人と親切」(お話)
vol.6 「机上」(お話)
vol.7 「時計」(お話)
vol.8 「風船」(お話)
vol.9 「最後の一撃」(お話)

・同人誌「Cliche」に「異邦人と親切」収録
・当サイトで「昨日と今日」、
 「The secondhand bookseller of many orders」閲覧可能
Damned Xylophone Extra
テーマ<<愛・お菓子>>

「天気の合間」

・当サイトで閲覧可能
Cross+Cross
早大創作サークルGIFTのコラボ本。(複数人で作品作りをする本)

「まどろみ」 中原述氏の短歌に、写真をつけさせて頂きました。

個人的には短歌と写真の組み合わせの中原述・高根ゆん両氏による「まどろみ」はお手本にしたいぐらいステキ。フォントの凝り方も嫌味がなく冒険心にあふれているし、短歌のもつ風景と写真のもつ白黒の「暗さ」が実によくあっている。

左隣のインターフェース
http://d.hatena.ne.jp/leftside_3/20071117/1195315977
早文録
早大125周年記念、文芸サークル合同誌。

→Skywalk初出「波よせて」の再録(変更無)

アンソロジー『砂時計』
早大児童文学研究会、文芸パートのアンソロジー企画。

「老人と手紙と」(お話)

・同人誌「il gabbiano」に加筆修正版収録
ソランジュ
早大いじけっ子マンガ集団の会誌。本誌未参加。新人誌のみ参加。

新人誌 「コーヒー屋のおねえさん」(漫画)
神出鬼没
都立戸山高校文学部・漫画研究部卒業生有志による創作冊子。
詳しくはオリジナル合同誌の項目に。

vol.1 「無題」(番人)(お話+絵)
vol.2 「白いふわふわ」(漫画)
vol.3 「屋上上でいつかの日」(お話+絵)
vol.4 「鳥籠図書館」(お話)

・同人誌「Cliche」に「鳥籠図書館」収録
ペンタグラム
都立戸山高校文学部誌。
46号〜59号まで。

46号 乱れ梅雨の巻 「笑う女」
47号 玉兎の巻・金鳥の巻 「Lie in the womb of time……」(Story未掲載)
48号 夜更かしの巻 「迷宮 〜ラビリンス〜 (上)」
49号 はじまりの巻 「迷宮 〜ラビリンス〜 (下)」
50号 ペンタグラムフレッシュ 「ことり」
51号 翠雨の巻 「Sterile Room」
52号 碧虚の巻・滄溟の巻 「Ende und Beninnen」
53号 寒禽の巻 「ろぼっと」
54号 桜桃の巻 「人魚姫」
55号 ペンタグラムフレッシュ 「魑魅魍魎?と僕」
56号 Tシャツの巻・うちわの巻 「refuse」
57号 集中豪雨の巻・月見の巻 「epic」
58号 石焼きイモの巻・雪見の巻 「ななよまち」
59号 夜桜の巻 「あとがき」

・同人誌「Cliche」に「ことり」「epic」収録
・当サイトで「あとがき」閲覧可能
前代未聞
都立戸山高校漫画研究部誌。参加号数不明。
学生公論
都立戸山高校生徒会誌。49号〜51号まで。
うち、49、50号は編集長として巻頭言も担当。

49号「Seaside」
50号「リセットボタン」
51号「オーガナイザー」

・同人誌「Cliche」に「Seaside」収録
回転木馬
都立新宿高校・青山高校・駒場高校・戸山高校による4校合同誌。
参加号数不明。皆勤賞。
全部イラスト+語りだと思う。
戻る