イベント告知

同人誌に寄稿しています

二件ほど、同人誌に寄稿させていただきましたので、ご報告いたします。

 

 

映画キンプリ5周年記念非公式アンソロジー『1827days LOVEダイアリー』

一件目。

ハルカさん(https://twitter.com/harcatze)主催の、

アニメ『KING OF PRISM』シリーズアンソロジーに参加させていただきました。

映画の感想……というか思い出を書いた一枚を寄稿しております。

執筆者様総勢77名、本文108ページの大ボリュームです。

野堀ゆん名義ではありませんが……事情もろもろお察しいただければと思います(笑)。

 

本日2/14、京都みやこメッセにて開催されるキンプリオンリー同人誌即売会「華京院文化祭5」にて

頒布が開始されます。

頒布スペースはハルカさんのスペース(サークル番号:出席番号1  水彩畷)です。

よろしくお願いいたします。

 

アニメ『羅小黒戦記』アンソロジー『各色各样』

二件目。

おちはらさん(https://twitter.com/ochiharakarin)主催の、アニメ『羅小黒戦記』アンソロジーに

参加させていただきました。

こちらは野堀ゆん名義です。

イラストと映画の感想?思い?をまとめた一枚です。

 

2/28開催の「HARU COMIC CITY 28 東京」にて頒布が開始されます。

配布スペースはおちはらさんのスペース(南2サ45b 仮かりん糖)(※刀剣乱舞スペース)です。

よろしくお願いいたします。

 

 

以上二件が、twitterでtweetしていた「いつもと毛色の違う原稿」になります。

どちらも珍しく、クリスタを用いて1からデータで作成した原稿です。

クリスタの使い方を調べながらがんばりましたので、ご覧いただければと思います。

よろしくお願いいたします。

本年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

毎年毎年よたよたしながら過ごしておりますが、今年こそは余裕をもって過ごしたいです。余裕をもって……。去年も同じようなことを言っていた気がしますが……。

去年は結局勉強をして終わった一年でしたので、今年は勉強の続きをしつつ、それを収穫できる年になれればいいな……と……思い……ます……ね……希望が叶えばいいのですけれども……。

三点リーダが多い。

 

同人誌につきましては、今年は早々にちょっとお誘いいただいたものにちょこっと顔を出させていただく予定です。うんうん唸っています……どうなることやら……。主催の方からアナウンスがありましたら、改めて私からもアナウンスさせていただきますね。

 

個人的なものとしては五月の文学フリマ東京への参加が確定しております。今回こそはちゃんと……落とした新刊を……出します……ね……(弱気になるな)。このまま何事もなければ例年通り十一月に開催されるであろう文学フリマにも出るつもりです。半年に一回ある締め切りを大事にしたい。

合間を縫ってほかに二冊作れればいいんですが……時間は有限なので……目標として最大四冊、無理なら二冊、といった感じで行こうと思います。へへへ……。

 

当面の目標は、

・サイトの小説ページで、シリーズものをもうちょっとわかりやすくする

・HDDで死蔵されてる話をちょっと出す

になります。やることが多い。

 

どこまでできるかわかりませんが、お付き合いいただければ幸いです。改めまして、本年もよろしくお願いいたします。

文学フリマ、ありがとうございました

遅くなりましたが、文学フリマ東京にて、弊サークルスペースまでお越しいただきありがとうございました。

合体スペースの黒川さんにもお世話になりました。ありがとうございます!

コロナ禍のなか、できうる限りのことをしてくださった運営の皆様にも最大限の感謝を。

 

新刊について

新刊は前もって告知していたものが納得いかないものになってしまいましたので、

校正を続行することといたしました。

代わりに、『竹林を連れた美女』という本を発行いたしました。

こちらは、もともとちまちまと書いていたお話を本にしました。

中身はコピーですが、表紙はオンデマンドになっています。

残りはまだまだありますので、次回イベントにも持ち込む予定です。

 

今回出せなかった本は次回のイベントもしくは、その前に納得いく形になればその時に出そうと思います。

 

 

次回イベントについて

次回は来年五月の文学フリマを予定しています。

 

通販は様子見をしていましたが、状況を鑑み、また本来の新刊を落としたこともあり(…)、

エアコミケの前後にあたる年末年始に一時的に再開しようか検討しています。

特に問題ないようでしたらそのまま再開してしまっていいかなとも思っています。

 

以下、ざっくりとしたレポート。

続きを読む

スペース番号出ました

文学フリマのスペース番号、出ました。

ク-01になります。

……01ですって、奥様。お誕生日席ですわよ、奥様。

 

というわけで、今再びのお誕生日席での文学フリマ参加となります。

マジでか。

先日まで勉強に集中していたため、原稿がアレなんですが……これは新刊を出さねばなりませんね(真顔)。

いつまで経っても計画的に原稿ができないのを何とかしなくてはなあと思います。へへへ。

 

文学フリマに関しては、あともう一つお知らせすることがあるのですが、そちらは情報公開になってからまたお知らせしますね。

2020年及びそれ以降のイベント参加等について

新型コロナの感染状況が改善に向かわないこともあり、今後の同人活動について、現状をお伝えしたいと思います。

 

11月の文学フリマについて

11月の文学フリマには申し込み済みです。

公式から開催か延期かのアナウンスはまだございませんが、大阪の文学フリマが開催されることから11月の文学フリマも開催されると想定し、今のところは出展する方向で調整したいと思っております。

ただ、いつも通り開始から終了までおらず、短い時間の滞在また頒布する冊子の種類を減らすという対応を取ろうかと思っております。

また、感染の状況を鑑みて直前に参加を見合わせる可能性も高いです。

参加の状況については、こちらのブログかtwitterで確認いただければと思います。

 

頒布する際は感染予防について考えますが……。

個人のすることですので、どこまでできるかわからないのが正直なところです。

イベント側からもアナウンスがあるとは思いますので、それに合わせつつ臨機応変に対応しますが、

全体的にまだこれからじっくり考える段階です。

 

 

刀剣乱舞二次創作の刀剣×審神者本について

黒川うみさん(https://twitter.com/kurokanya)と刀剣乱舞の刀剣×審神者本を出すとアナウンスしておりましたが、新型コロナの問題やプライベートの出来事が重なったこともありまして、当分は企画凍結になります。

落ち着いたころに再度挑戦できたらとは思いますが、いつとはなかなか言えない状態になってしまいました。お時間をいただけたらと思います。

 

 

通販について

イベントが行われない状態ですので、通販を軸足に同人誌を作りたいというのが正直なところなのですが……。

自家通販ということは、イベント同様個人での感染対策が必要ということになります。

正直、自分がどこまでできるかわからないと感じています。

特に住居地域が感染が広がっている地域ですので、通販自体感染拡大につながるのではと悩むところです。

boothを改めて開く予定でしたが、少し様子をみつつ対応したいと思います。

同様の理由で、テキレボEX2への参加は考えておりません。

 

 

11月の文学フリマ以降のイベント参加について

こちらも状況を確認しつつ臨機応変に、といった状態です。

本という「形」が好きなので、できれば本を作って参加したい。

でも命のかかることですし、趣味なので命をかけてもいけない。

命大事に、でいきます。

 

現状、11月の文学フリマ以降のイベント申し込みはしておりませんので、

2021年の早い時期のイベントには参加できない状態ではあります。

 

 

全体的にふわふわした現状でたいへん申し訳ないのですが、

当分は11月の文学フリマ以外、頒布できない状態が続くと考えていただければと思います。

文学フリマ東京に申し込みました

2020年11月22日(日)開催の、第三十一回文学フリマ東京に申し込みました。

二回あけての久々の参加になります。

11月までに新型コロナウイルスの猛威が収まっているといいですね。

 

新刊についてはまだ考えていないのですが、

書いておきたいものはいろいろあるので……ゆっくり準備したいと思います。

あとそれまでにサイトをhtml5化したいですね……ははは。

よねぽぷち、ありがとうございました

お礼が遅くなりました。

よねぽぷちにおきまして、弊サークルスペースまでお越しいただき、

ありがとうございました。

 

当日は朝から体調を崩してしまっていたのですが、

ある程度落ち着いたので、一時間遅れで頒布をさせていただきました。

ありがたいことに一時間ほどで既刊、新刊ともに完売となりました。

お菓子の差し入れなどもいただきまして、本当に感謝しています。

 

インターネットでやり取りをしていたみなさんと、初めてお会いすることができました。

普段からあまり表に出ていかないうえ、米澤先生のサイン会でもすぐ帰ってきてしまうので、

「実在した!」と言われてしまいました……(笑)。

オンリーイベントが寄り集まったイベントだったこともあり、

よねぽぷち以外に来ていた友人たちとも会うことができました。

楽しい一日でした。

 

twitterを介して新刊やアンソロジー寄稿作品に感想もいただいております。

また、感想フォームからの感想もいただきました。

不安に思っていたところもあったので(特にアンソロジー寄稿作品)、

感想をいただいてほっとしています。

本当にありがとうございます!

 

新刊は部数を絞っていたこともあり、通販に回せる分がなくなってしまいました。

申し訳ありません。

直近で米澤穂信作品二次創作でサークル参加する予定がないため、

増刷の予定はございません。

ある程度経ってからのweb再録か、再録本というかたちになると思います。

よろしくお願いいたします。

よねぽぷちです!

2019年7月21日開催、mysterious door2内プチオンリー「よねぽぷち」に参加いたします。

イベント詳細は以下の通りです。

TOKYO FES Jul.2019

 mysterious door 2(akaboo.jp/event/item/201…

 プチオンリーよねぽぷち(ynpfes.wixsite.com/info

会場:東京ビッグサイト

スペース:南3ホールヌ34a

 

新刊は『十光年彼方の星彩』です。

<古典部>シリーズの二次創作小説になります。

二十代後半になったホータローが、高校生の頃に古典部の面々と

天体観測をしたことを思い出す、そんなお話です。

既刊の『runaway girl』とは違う世界線の十年後パロです(笑)。

 

既刊の『runaway girl』も持ち込みますが、こちらは残部僅少となります。

表紙の紙が廃盤?のため増刷もございません。

また、web再録の可能性もございます。あらかじめご了承ください。

 

よねぽぷち記念アンソロジーにも参加させていただきました。

こちらは<小市民>シリーズの二次創作小説です。

小鳩くんが小佐内さんのおうちに遊びにいって、

クレマカタラーナとクレームブリュレの判別をしろと言われる話です。

タイトルは『西班牙クレマカタラーナ事件』になります(笑)。

タイトルからわかる通り、真面目に不真面目な話です(笑)。

たいへん豪華なメンバーによる一冊ですのでぜひお手に取っていただければと思います!

 

それでは当日、会場でお会いしましょう!

続きを読む

よねぽぷち、参加します

2019年7月21日(日)に開催されますTOKYO FES Jul.2019の

オンリーイベントmysterious door 2内プチイベントよねぽぷちに参加いたします。

htps://ynpfes.wixsite.com/info

 

新刊は、『十光年彼方の星彩』(じゅっこうねんかなたのせいさい)です。

いつもどおり&タイトルどおり、十年後<古典部>本になります。

表紙はなんと! 待月供実さんにお願いいたしました。

私の「表紙のイメージはこんな感じで……」という抽象的な説明から、

いろいろアイディアをいただいたり、裏表紙やタイトルの文字まで入れていただいておりまして、

表紙絵どころか、装訂デザインなのでは……?というくらい助けていただいております。

お楽しみに……私が一番楽しみだよ……!(原稿仕上げようね)

 

 プチオンリー開催アンソロジーにも小話で参加させていただいております。

タイトルは『西班牙カタラーナ事件』です。

……ふざけてますね。ふざけてますよ。

……神をも恐れぬ所業ですね。神をも恐れぬ所業ですよ。

 

最近文章のリズムが崩れているせいか、かなり苦労したんですが、

なんとか体裁を保って……保って……保ったのかな……まあ、なんかそんな感じで(?)、

一生懸命やりましたので、「ははは、馬鹿だなあ」と笑っていただければ幸いです。

 

 

のたくたしてますが、あれこれ準備しておりますのでどうぞお楽しみに……!

文学フリマ終わりました

完全に事後報告ですね。

文学フリマ、終わりました。お疲れさまでした。

 

今回は一人で参加でした。

まさか、入口目の前のお誕生日席とは思いませんでしたよ……。

正直かなりびっくりしたのですが、お隣の席のかたたちも、

「何故自分たちはここに……」

と呻いてらしたので、私だけではないと心強かったです……(笑)。

 

以前参加させていただいた、鰊パイ互助会様の『平成勤労婦人詩集2』もお預かりしておりました。

「あれ、今日は非モテレシピはないんですか?」

と問われることが結構ありました……w

私、白衣を着てなかったよ!(笑)

 

プリントミスで新刊の部数が想定の半分になったりですとか、

いろいろしっちゃかめっちゃかだったのですが(苦笑)、

とりあえずはやりきりましたよ!

お疲れさまでした。いろいろありがとうございました。

 

入口付近のお誕生日席に一日座ってわかったことは、

・人がいっぱい通る=一日中スルーされ続けても、平気でいられる

・人がいっぱい通りすぎても平気でお昼ご飯が食べられる

そんな胆力がある人が座る席だということでした。

私は平気でおにぎり食べてたので、胆力はあったようです……(笑)。

 

頒布数もいつもとほぼ変わりませんでしたね。

むしろ、体感では少なくなってるような気すらします。

帰り際に背中を向ける配置だからでしょうか……。

目的が終わったあと、ぶらぶらしてるかたに、ふと気付いていただける席ではないですものね……。

うちみたいなピコ手が座ったところで、頒布に有利になる席ではないと思いました。

 

ただ、お友だちや知り合いには会いやすかったです……(笑)。

あと、モノレールが到着すると如実に入場者数が増えるのは見ていておもしろかったです……(笑)。

モノレール以外に来場方法がほぼないですもんね……。

いい経験をさせていただきました。