感想

作業をしつつ

作業をしつつ、『鬼滅の刃』のアニメを見ました。

キンプリを映画館で見るたびアニメの宣伝をみていたため、

必ず見ようと思っていたのですが今になってしまいました。

アニメを見るためサブスクを利用しているのですが、

「あとから追いつくことができる」

と思うとついリアルタイムで見逃してしまいがちになってしまいます。

良くないことですね。

 

少年ジャンプや少年漫画にあるまじき展開と言われていたので、

覚悟して見始めたのですが、王道中の王道という印象でした。

(私がブラックファンタジーを好むせいでもあるでしょうが……)

意外性よりも、物語の構成に目が引かれました。

 

 

鬼滅は修行(=第一の関門)から即最終選抜(第二の関門)に行くため、

鬼殺隊入隊試験に2エピソード使っているにも関わらず、

まるで試験そのものは1エピソードで終わっているように見えます。

『HUNTER×HUNTER』のハンター試験エピソードが長く、

「いつハンターになるんだ?」と思っていたことを思い返すと、

非常にうまくアップデートしてるな、と感じました。

お話として、試験よりも鬼殺隊に入ったあとのほうが大事ですもんね。

 

味方の本部にたどり着く前にラスボスと遭遇すること、

妹を人間に戻すための道筋が作られることなど、

主人公の動機と目的を鮮明にしてから、

やっと主人公の仲間となる人物が出てくるのも興味深いです。

この順番で語らないと主人公の特殊性を味方に認められないのもあるのですが……。

 

あと、修行のパートと休息のパートが充実しているように感じられました。

「友情・努力・勝利」にあえて当てはめるなら、努力のパートで、

一緒に生身の人間と鬼の違いを描いてしまう効率の良さ……。

さらに仲間も一緒なので友情も描いてしまう……。

 

そう……全体的に物語の効率がいいのですよね。

こなすべきイベントを並行して行うことで密度を上げつつ、

説得力をもたせ、テンポをよくしていく……。

そしてバランスがいいためにわかりやすい……。

お見事でした。

 

アニメの続きは十月の劇場版だそうなので、それを見に行こうと思います。

ufotableさんなのでクオリティは問題ないと思いますが、

遅延しないことを祈ります……刀剣乱舞の映画はまだですか……。

『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』みました

『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』第一章、みました。

3/2の0:00からかかった最速上映で。

さらに言うと、3/2の公開から今日までで合計五回ほど。

そのうち二回は舞台挨拶で。

明日もみます。六回目。

 

『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(以下キンプリ)の頃から楽しくみておりまして、

『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』も、みていました。

そのため、新作をたいへん楽しみにしていたいのです。

……なんて穏やかに書いてますけど、

この二作を各十五回映画館で視聴……したところで数えるのをやめたり、

お友だちに誘われてコラボカフェに行ったり、上映イベントに行ったり、ライブに行ったり……。

まあ、その、ズブズブです。

(考えうる中で最悪な言い方)(先日の舞台挨拶における、声優・五十嵐雅さんの発言の引用)

 

何故そんなに好きなのか、と言われるといろいろな要素があってたいへん困ります。

奇抜な演出面が語られがちだけれど、その実ものすごく丁寧な作品である

と、いうところがたいへん好ましく思えます。

レイアウトを重ねること、エピソードを重ねること、語りすぎずに絵で見せること……。

確かな技術によって成立している作品です。

特に、物語や情報の圧縮が上手で、短くても満足できる作りになっているのが本当にすごい。

短い作品ですが、読み込むほどに新しい発見があります。

 

元々、女の子向け作品の「憧れのお兄さん」ポジションのキャラクターたちのスピンオフであり、

そもそもの発端が「キャラクターたちを愛してくれてありがとう」というところにある作品なので、

「応援してくれているファンが楽しんでくれるもの」「自分たちが本当にいいと思っているもの」

を提供してくれるところも、信頼感があってとてもいいのですよね。ファンと公式が相思相愛。

今回の新作も「今まで応援してくれてありがとう」というスタッフの思いが伝わってきて、

作品そのもののおもしろさと相まって、「好きだー!」という気持ちになります。好き。

(逆にいうと、オリジナルスタッフ以外のスタッフの比率の多いスピンオフは、

 だいぶニュアンスが異なる作品になりがちなわけですが)

 

ビジュアルからアイドルもののように思われがちですが、

完全に男児向けホビーアニメのノリなのも好きです(笑)。

まあ、実際問題アイドルものというよりアスリートものなので、

男児向けホビーアニメのノリになってしまうのは当然といえば当然なのですが……(笑)。

 

人を選ぶ作品であることは確かだと思いますが、

もしご興味がありましたら作品と出会っていただけたら嬉しいです。

キンプリはいいぞ!

アガらないときは

アガらないときは、本を読んだり、アニメをみたり、映画をみたりするに限ります。

と、いうわけで(?)、今期のアニメメモ。

 

以下、だらだらと長いので、折り畳んでおきます。

 

続きを読む

プリンを食べました

14.14.45.jpg

街を歩いていたら、

「三日間限定!」

と書かれていたので、プリンを買ってしまいました。

弱いです。ええ、弱いです。

 

生乳が売りのプリンだったようで、ミルクの香りが強いため玉子の味が薄く、

葛に似た、ぷにぷにした食感でした。

気になるのは……お店の人があとでのせるカラメルソースを

つけ忘れたのか否か……ということでしょうか……。

限定の三日がすぎてしまったので、カラメルソースなしだったのかありだったのか、

謎は解決できずじまいです……どっちだったんだ……。

 

 

あ、別にプリンレビューを再開する気はないです(笑)。

気まぐれなプリン記事でした。

キンプラみてきました

キンプラこと、『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』をみてきました。

いやー……すごかった。すごかった。

 

前作の、キンプリこと『KING OF PRISM by PrettyRhythm』も、

70分ほどのところに総集編と新作をつめこむという、

情報の圧縮率がすごいことになってる映画だったのですが、今回もすごかった……。 

 

ほとんど誰もここにきてないと思いつつ、遠慮なくネタバレするので、

一応続きを隠しておきますね。

 

続きを読む