2021年05月

2021年のイベント参加について

2020年及びそれ以降のイベント参加等について
https://uiyun.mimoza.jp/diary/view/96

こちらの記事の2021年版です。

 

新型コロナの感染状況が改善に向かわないこともあり、今後の同人活動について、現状をお伝えしたいと思います。

 

今後のイベントについて

対面によるイベントは基本的に参加を見合わせます。

変異ウィルスが通常(?)のものに比べ感染力が強いようであるため、私自身呼吸器の基礎疾患もちであること、高齢家族がいることからの判断になります。

ただし、年末から来年にかけて、新型コロナウィルスのワクチンがある程度行き渡ったという報道などを根拠に、参加する可能性があります。

 

オンラインイベントで、タイミングが合うものには参加できればと思っています。

 

米澤穂信作品プチオンリーYonepo Festaについて

日付が確定していませんが、参加予定です。

詳しい情報につきましては、運営様の告知アカウントをご覧ください。

https://twitter.com/FestaYnp

 

新刊は再録本……という名を冠してある、かなり書下ろしや未公開作品多めの本になります。

文庫サイズで『いつも月夜に米の飯』というタイトルです。

ただいま鋭意制作中です。

オンラインイベントですので、頒布方法は通販になります。

 

11月の文学フリマについて

2021年11月の文学フリマは、申し込みを行う予定です。

ワクチン接種の状況が11月ごろにどうなっているか読み切れないためです。

申し込みだけ行い、状況に応じては参加、不参加をイベント前に決める予定です。

 

通販について

オンラインイベントに参加する予定のため、適宜再開、あるいはイベント時に新刊のみの取り扱いでの通販を行います。

 

新刊について

直前で参加を取りやめた第三十二回文学フリマ東京での新刊は、第三十三回文学フリマ東京での発行とします。

また、第三十三回文学フリマ東京での新刊はできうる限り作業を行い、こちらは日付をずらさずに発行を目指します……が、二冊同時はやはり負担が大きいため、あくまで努力目標とします。

 

以上です。

【5月13日追記】文学フリマ参加について

https://twitter.com/Bunfreeofficial/status/1387395491176927235

 

緊急事態宣言により文学フリマ事務局より以上のアナウンスがありましたので、弊サークルの参加についてアナウンスいたします。

なお、予定に変更がありましたら、こちらの記事に追加という形で告知させていただきます。

 

参加について

弊サークルは五月一日現在、文学フリマ東京に参加予定です。前回同様若干早めの撤収も視野に入れてはいますが、スペースにはいる予定です。

ただし、都内での新型コロナ新規感染者が大幅に増えた場合、欠席することもあります。

 

【5月13日追記】

直前で申し訳ありませんが、今回は文学フリマを欠席させていただきます。

変異株の増加、イベントという参加人数が読めない場であること、持病、もろもろあわせての結論になります。

 

十一月のイベントには申し込む予定です。

 

文学フリマ東京が中止となった場合

緊急事態宣言状態が続行となり文学フリマそのものがなくなった場合は、新刊などの通販を期間限定で行う予定です。

いつから始めるかは中止アナウンスがあってからお知らせいたします。

 

以上になります。