2022年11月

文学フリマ、お疲れさまでした

 文学フリマ東京35、お疲れさまでした!

 文フリ前一、二週間ほどどたんばたんしていたせいで、MPが枯渇してしまい、やっとこさのご挨拶です。

 一か月ほど前、新刊にしようと思っていた『ピコピコ:』(仮題)という話がどうも目指している方向とは違うものになってきたぞ、ということで、一か月かけて突発本を作る方向に舵を切りました。一か月もかけて突発本というのかというのは非常に疑問ですけれども、まあ、半年以上かけている本に比べれば突発本です(?)。

 そこからネタが思い浮かばないぞとうろうろして、何とか形にして、即日納品可能な印刷所に出したら「明日の夕方です」と言われ、いやいやいや、ってなってと、どたんばたんして、まあ、なんとかかんとか新刊の『人魚と飛行機に乗る』を絞り出した形です。本当に絞り出したよ。

 そういうわけでペーパーを持ち込み忘れるなどなどポンコツなことをやらかしながらなんとかかんとか一日を過ごしました。最後のほうはなんか変な興奮状態になっていて、キャリーバッグを引きずったまま長机を小脇に抱えて返却にいったところ、知らない女性に「いやいやいや」と呼び止められ、助けていただきました。ありがとうございます。最近仕事で力仕事をよくしているため、「行ける!」ってなって実際行ってしまったんですけど、そら男性二人で長机をもって移動している中、一人で長机を小脇に抱えてキャリーバッグを引いてたら異様だよ。そりゃ異様だよ。

 

 とまあ、どたんばたんしておりましたが、好きな商業作家さんが同人誌を出されていると知ってスペースを放り出して買いに行ったりとか、それなりにエンジョイもしておりました(笑)。よく文学フリマで米澤先生をお見掛けするのですが、講演会があるから絶対いらっしゃらないぞという確信の下、エプロンに「米澤屋書店」の缶バッジ(以前発行された本についていたノベルティ)をつけて書店員コスプレもどきをしたりしていましたよ。

 『うさしょ! うさみみ少年アンソロジー』も無事完売しました! ありがとうございます! 発行から九年目の出来事! 最後の一冊は「こんなこと言うのもなんなんですけど……最後の一冊なんです」という反則ワードを出してしまいました……(笑)。お求めいただきありがとうございます……(笑)。

 

 次回以降のイベントについてですが、Yonepo Festaの企画は立ち消えなのかな?という感じなので、とりあえずのんびりまとめ本でも作ろうかと思います。ウェブオンリーとかでミステリ系を探してみるのもいいかもしれませんね。

 文学フリマ東京36はすでに申し込み済みで、スペースも確保してあります。今年同様黒川さんと在庫無料配布をやりますので、気になる方はお手に取っていただけたら幸いです。新刊ですが、今年度中はちょっとどたばたしておりまして『ピコピコ:』を仕上げる、あるいはまったく新しいものを書き始めるのが少し難しそうなので、何かのまとめ本とかでもいいのかなと思っています。以前青川から突発本やらにある現代ものの短編まとめ本を作らないのかと訊かれたので、無料配布にしているものも多いのでちょっと文庫化してみるのも面白いかなと思ったりしています。何ページくらいになるのかわからないのでアレですけど。もともとウェブ再録するつもりだったので本にする気力があんまりないのも問題ですけど(…)。

 まあ、だいたいそんな感じでのんびり続けます。引き続きよろしくお願いいたします。