七夕月間終わりました

 本年の七夕月間、終了いたしました。また来年もよろしくどうぞ。

 七夕月間開始のときにもアナウンスしましたが、サイトに動画へのリンクをはりましたので、この時期以外にも動画サイトでお楽しみいただけます。引き続きよろしくお願いします。

 

 七夕月間の後に始まったオリンピックが七夕月間と同時に終わりましたね。オリンピックは馬術関連の競技と、トランポリンと、BMX、スケートボード、スポーツクライミングあたりを見ていました。テレビ番組のほとんどがオリンピック競技で埋め尽くされてしまったのには困惑しましたが、そういう状態だったこともあり、結局いろいろ見ていたように思います。国の威信を背負って、みたいな競技も目に入ってこないわけではなかったのですが、あまり素直に楽しめないというか……見てる人がとか国がとかええんやで……みたいな気持ちになってしまって……ノイズが多く……。結局ちょっとかじったトランポリンと、馬がかわいい馬術と、なんかわかんないけどすごいことだけはわかるBMXとスケートボードとスポーツクライミングを見た、という記憶が強く残っています。途中、家族に別の競技へチャンネルを変えられた時、「え? 人間を見るの?」と言ってしまいましたが、どの競技も人間だよ……人間。

 

 ここのところはちょっと仕事が悲惨なことになっていまして、半死半生だったところにもう一つ大きな爆弾を投げられて頭を抱えています。悲惨。そんな感じの毎日を送っていますが一応アニメ映画は見ておりまして、『サイダーのように言葉が湧き上がる』という映画をみました。キュートで、ポップで、俳句で、音楽で、大貫妙子がものすごく強い映画でした。強い。全体的に作り手の意識が張り巡らされた、丁寧で良くできた映画でした。劇伴もとても好みで。エンディングの曲もお名前だけはかねがねなnever young beachで、好みの曲だったのでここのところよく聞いてます。

 

 とまあ、なんか更新記録というよりは雑記でした。

アップロードしました その2

 また二次創作をpixivにアップロードしてきました。今度は『美少年探偵団』の二次創作です。カップリングもので、創眉です。原作のネタバレをふんだんに含みます。storyの二次創作の項目からどうぞ。

 

 いつも通りのことをしつつ、いつもとちょっと違うことをしたので、いくつか書き残しておきます。

 

 内容はいつもの悪い癖の、10年後ネタ……みたいなものです。原作シリーズの最後に大人になった眉美が出てくるのですが、そこから膨らましたので完全捏造まではいかないけれどかなり強烈に捏造です。原作を膨らましたということは、捏造だけでなくシリーズ最後のネタバレがふんだんに含まれます。

 

 タイトルは『元・美少年たちの恋』です。これは原作リスペクト。江戸川乱歩の『人でなしの恋』からもってきたんですが、内容は全然違うし、「の恋」しか残ってないし、原作が恋愛ものをやらないと信用してのタイトル選定なので、もはやリスペクトなんだかなんだかよくわからないタイトルです。元のタイトルからもわかる通りどちらかというと眉美に対するタイトルなんですが、美少年にしてしまうと創作に対するタイトルにしか見えなくなるなと思い、「たち」を入れておきました。あと大人の時代の話ですよ、というのと美少年と乙女が対局にある、というのを表すために「元・」をつけてます。魔改造過ぎる。

 

 いつもの悪い癖で、文体でも遊んでいます……が難しいですねえ……。『美少年探偵団』は図書館で借りて読んでいたので、手元において確かめながら修正ができないのも厳しかったです。なら買え(セルフツッコミ)。テンション高めの文体にダッシュと括弧を使ってみたんですけど、テンションの高い文体は暴れ馬みたいなもので、これは書きやすいけど整えるのが大変だなと思いました。正直まだ整え足りないと思うんですが、こればかりにかかりきるのもなと思ったので「この辺で勘弁しておいてやる」と投稿するに至りました。そういうわけで、いつもあんまり使わない言葉がぽろぽろ出てきてます。ま、「時間の話、好きですよね」って感じの導入ではあるんですけど……。あと、原作の眉美がメタっぽい語り手なのでメタっぽさも真似してみようとしてます。ただ時間と場面が飛んでるので、誤魔化そう誤魔化そうとしても一人称の人物の居場所がゆらゆら揺れてる感じになってますね。難しい難しい。

 

 なんで突然書いたのかといえば、「なんか書けそうな気がしたから」です。正直『美少年探偵団』は男女混合の悪友チームだと思っているので、私の読みでは恋愛ごとはないなって思ってます。ただ、ざっくり方向性が見えたので「あ、なんか書けそうな気がする」となって、ならまあ、書いてみようかと、ざっくり書いてみたという感じです。ざっくり書いたので不良くんの風刺部分は誤魔化しました(…)。

 なので、特にこの後同人誌を作るとか、別の話を書くとか、そういうことはないです。書く気が起きたら今度はタイトルは『算盤が恋を語る話』からいただいてきましょうか……冗談ですが(笑)。

 

 まあそういうわけで、二次創作二つめです。またそのうち何か出そうと思います。

アップロードしました

 先日、二次創作のものをpixivにアップロードしました。『KING OF PRISM』の二次創作夢小説です。タイトルは『Sweet Bitter Sweet』。タイトルからわかりますが、シンくんの夢小説です。いわゆる失恋夢というものです。しかも捏造だらけです。二次創作の醍醐味。Storyの二次創作、プリティーシリーズ二次創作からどうぞ。

 

 キャラクターソングの『Sweet Sweet Sweet』に寄せて書いてるので、歌詞や曲と合わせてみていただければニュアンスがわかりやすいかと思います。

曲 https://open.spotify.com/track/4owVgkWTgXggwPoTEpsUyp?si=ada2c4cb20614436

歌詞 https://www.uta-net.com/song/216026/

 

 それにしても、あのテンションの高い映像でエヴァみたいなことやってる『KING OF PRISM』の二次創作で失恋夢を書くってかなり一般的な行為じゃない感じはありますが……まあ……書けちゃったのでいいんじゃないでしょうか。(?

 

 pixivを開くと多分、「プリティーシリーズ二次創作」のシリーズには二作しか表示されてないにも関わらず今回の『Sweet Bitter Sweet』が三作目扱いになっていると思います。これは二作目が非公開になっているためです。下書き機能がなかったころに非公開で上げて修正していたものなので、そのうち一度消して出来上がった時にアップロードしなおすか、修正を終えて公開に切り替えるかします。何か問題があって消したものではありません(笑)。

 

 あといくつか別作品の二次創作が控えてるので、ぽこぽこ上げられたらと思います。

七夕月間です

今年も毎年恒例七夕月間開始です。

 

青川有子さん作詞、私作曲の曲『七夕』をインデックスで流す月間です。

七月七日から八月六日までインデックスにプレイヤーを置いてますので、よろしければどうぞ。

ニコニコ動画にも動画がありますので、あわせてどうぞ。

 

 

 

年に一回しか動画へのリンクを張らないのもな……と思っていましたので、思い切ってMovieコンテンツを公開しました。

『七夕』の動画のほかに、もう一曲なんか変なミクの曲のプレイヤーを貼っています。

七夕月間以外にも聴いていただけたら嬉しいです。

 

二曲だけだとつまらないので、これもかなり思い切ってなのですが、MMDの動画も一部だけサイトで公開しました。

名義が違いますが、だいたい似たような名前でかつ同じ趣味なので、同一人物とご理解いただければと思います。

いろいろよくわからない動画を作ってきましたが、その中で創作性があるものだけに絞っています。

この創作性は、「カメラを自作した」や「お借りする素材の組み合わせに意図がある」など広い意味での創作性です。

MMDに関しては、実験的にサイトで公開としましたが、場合によっては下げることもあります。

 

それからもう一つ。

pixivに刀剣乱舞二次創作をアップロードしてきました。

「四季本丸」の七夕の話です。

四季本丸の話は結構いろいろ書いてるんですが、HDDの肥やしになってるので、ちょこちょこ上げていこうと思います……思いますようん。

 

まあ、だいたいそんな感じで……みなさまよい七夕を……。

「アップロードしたデータを保存できないようにできるか実験」現状のまとめ

今回のサイト改築の裏テーマに、「昔懐かしの右クリック禁止をせず、コンテンツ内容の保存ができないようにできるか」というものがありました。

もちろん、インターネットである以上閲覧した段階でダウンロードしていることは承知の上で、です。

要は、

・htmlのソースが読めない人

・インターネットにある画像や文章は好きに使っていい(無断転載など)と考えている人

など、ある程度リテラシーの低い人による無断転載をどう避けるか、という話です。

htmlのソースから直でファイルに当たったり、ネットワークのやりとりを見て直でファイルに当たったり、自分のパソコンのキャッシュを漁ったりする人の対策なんて取りようがないので……(笑)。

 

幸い?人がとんでもなく多い二次創作ジャンルにいるわけではないので、差し迫った問題があるわけではありません。

単純にできるのかな、という知的好奇心による実験です。

 

結論としては、私ではちょっと無理、でした。

 

文章について

小説をepub化しました。

これは、まあまあいける、という感じではないでしょうか。

・強制的に縦書きで読ませる(笑)

・簡単にコピーアンドペーストできないようにする

の両方を満たすのはpdfかepubかと思います。

どちらもURLやhtmlのソースから直接当たればそのまま生のデータがダウンロードできてしまうわけですが、epubのほうが若干ビューワーという面で融通が利きません。まあ、ビューワーを用意すればすぐ見れますし、なんならサイトからリンクを張っているのですぐ見れるんですが……ちょっとの手間があるので、その手間を惜しむあるいはどうしたら見れるか想像できない人を排除できるかなと思います。コピペもできないですしね。

あと、将来的に電子書籍の販売を考えた時に、epubの作り方を覚えておくことも得になるかと思ったのもあります。幸い一太郎をもっているのでepub化することに壁がありませんでしたし。

 

予想していなかった良かった点として、スマホから見るときにかなり見やすい、というものがありました。普通に本を読む感覚で表示できるのでいいですね。パソコンのブラウザからだと若干癖がありますけど……。

 

問題としては、CMS化を考えるとテンプレートをかなりいじらないとepubを維持するのが難しそうだな、ということです。ファイル名とページの名前を同一にして代入すれば実現できるんじゃないかなとは思いますけど、正直CMSのことはよくわからないので、手間が増えるな~という印象でしかないです。これは将来の自分に頑張ってもらうこととしましょう。

 

写真について

これは正直無理だな、と感じています。

以前はflashを使っていたのでそもそも右クリックで画像が保存できない状態だったんですが(もちろんソースを見ればまるわかりですけど)、flashが終わったため同じ手を使い続けることができなくなりました。

pdf化する、あるいはepub化することも考えたのですが、文章をepubあるいはpdf化するのに比べ、写真をepubあるいはpdf化するのは今の私の環境では若干の面倒くささがあります。やってやれないことはないですし、手持ちのソフトウェアのシリーズの、もっともよいバージョンを利用すれば割と簡単にできるはずです。ただ、やりたいことと手間、あるいは料金のバランスが悪い。

そういうわけで、jqueryあたりを使ったギャラリーを使ってhtmlやcss、javascriptでの制御を考えました。今回の話とは関係ないですが、サムネイルが自動生成なので私の手間がまた一つ減りました。小躍りしています。

 

今のところ、右クリックで保存しようとすると画像ではなくhtmlの保存画面になるようにしてあります。まあ、要するに「画像保存したいのにできない!」で立ち止まる人対策でしかないわけです……全部保存すれば画像まるまる保存できる状態なので、ぶっちゃけほぼ意味がないです。「oncontextmenu="return false;"」も考えたんですが、どうも今回利用してるギャラリーでは無効化されるようです。理由は知らない。

 

それから、スクリーンショット対策がまったくできていません。例えば映像再生ソフトウェアのように、スクリーンショットを撮ろうとすると画面が黒塗りになるような処理はできないものかと思ったのですが、これが存外見つからない。一応それっぽいものもあるにはあるんですが、素人が簡単にコピペして使えるものではない感じがしました。

 

上から別画像をかぶせるなど、いろいろやり方もあるようですが……。今のところ私ができる対策は、めちゃくちゃに解像度を下げる、くらいしかないですね……。

 

現状、こんな感じです。また気が向いたらいろいろ調べてみようと思います。

サイトの改装の続きです

写真コンテンツ再公開に伴い、タブまわりも改装しました。

今まで、タブ内のページからリンクをたどり、戻ろうとすると、リンクをクリックしたタブに戻れない状態になっておりました。

タブのスクリプトを公開されている草村さま(https://web.monogusa-note.com/)にご相談したところ、快くアドバイスをいただきまして、無事タブまわりの動きがすっきりしました。

twitterでもお礼を投稿しましたが、こちらでもお礼を。

 

これで、インデックスからの詳細情報リンクも目的のページのタブへまっすぐとべるようになりました。

気になっていたところが改善されてうきうきしています。

無事公開しました

ずっと工事中になっていた写真のコーナーを公開してきました。

もうちょっと綺麗にできるような気もしますが(笑)、今できる最善ということでご容赦を……。

棚上げになっていた、現在のhtml5のサイトデザインになる前のトップ写真も展示しました。

結構いろいろありますね。

過去にアップロードしようとしたものの加工が間に合わなかった写真も見つけましたので(苦笑)、こちらはまあ、作業を再開して、アップロードできたらいいな……とは思っています。

 

リンクも何件か追加しています。

主にhtml5化する際に参考とさせていただいたサイトさんや、ブログのテンプレートを公開されているサイトさんです。

まだ改造したいところがあるので、自分の参考用に……(笑)。

 

まだまだ手直しするところはたくさんありますが、ひとまず形になったのでほっとしています。

以前よりかなり更新しやすくしたつもりなので、ちょこちょこ更新していきたいですね。

小さく更新です

参加イベントについて、サイトを更新してきました。

更新が楽なのでついブログやtwitterがサイトよりも先に更新となってしまうのはあまりよくないですね。

 

ついでに細かいデザインの修正も行いました。

めちゃくちゃ細かいところなので更新というほどでもないんですが……。

 

ずっと工事中になっている写真周りも近々着手しようと思っています。

ホームの細かいデザイン修正とかもありますね……。

同人誌まわりのところも……。

修正が多い……。

 

それはそれとして、普通にお話まわりのアップもしたいところですので、

少しずつ作業を進められたらな……と思っております。

少しずつ、なんて言ってたらまた文フリの締め切りがきちゃってあわてるだけなんですけども……。

発狂申告します

物騒なタイトル。

 

突然気が狂ったので『美少年探偵団』シリーズを一日一冊あるいはそれ以上のペースで読み進めています。
今、九巻まできたので、残りあと四冊です。
図書館で借りているのですが、さすがにこのペースだと同時期に読んでいる他の人への煽り運転ならぬ煽り読書状態です。
返却した途端借りられる……恐ろしいプレッシャーでありましょう……。
反省はしていない。(というか、買え)(本棚に空きがないのよ)

 

そして、読んでいたら突然気が狂ったので創作×眉美で一つ書きました。
原作を最後まで読んでないので読み切ったらチューニングしてpixivに投げる予定です。
しかしまあ……なんというか、原作ほど眉美をクズに書けないですね。
クズ、難しい。

 

経緯は、

 

少年ものでミステリものアニメならみなくちゃね

全体的にケレン味があるある意味アンフェア、ある意味バカミス的なので呑気に楽しめるけど、この感じだと原作からの語り落としがありそう

今の今まで西尾維新の本を読んだことがなかったからちょうどいい機会かも

思いのほかアニメの語り落としが少ない

敢えて推しを選択するなら創作くんだろうけれど、これはほぼ間違いなく厚くんを通った故の新たなる萌えポイントが発掘されたからだろう

っていうか、待って、これは創作×眉美、あるのでは!?(突然の天啓)

 

大雑把に言うとこんな感じの流れです。
スキーの斜滑降状態。
とりあえず、楽しませてもらってはいるけれどズブズブではないので、一つ書いたら満足かなという感じです。

 

「なぜ突然?」と言われる前に先に発狂を自己申告しておきました。

2021年のイベント参加について(追記あり)

2020年及びそれ以降のイベント参加等について
https://uiyun.mimoza.jp/diary/view/96

こちらの記事の2021年版です。

 

新型コロナの感染状況が改善に向かわないこともあり、今後の同人活動について、現状をお伝えしたいと思います。

(2021/9/6 追記あり)

 

今後のイベントについて

対面によるイベントは基本的に参加を見合わせます。

変異ウィルスが通常(?)のものに比べ感染力が強いようであるため、私自身呼吸器の基礎疾患もちであること、高齢家族がいることからの判断になります。

ただし、年末から来年にかけて、新型コロナウィルスのワクチンがある程度行き渡ったという報道などを根拠に、参加する可能性があります。

 

オンラインイベントで、タイミングが合うものには参加できればと思っています。

 

(2021/9/6 追記)

先日無事ワクチン二回接種を終え、二週間ほど経ちましたので、最低限抗体を得られたかなと思っております。

とはいえ、わざわざ人の多いところに出かけていくのもなんですので、これを根拠にイベント解禁とはしない方向ですが、

以前よりはイベント参加を前向きに検討しようと思っております。

 

米澤穂信作品プチオンリーYonepo Festaについて

日付が確定していませんが、参加予定です。

詳しい情報につきましては、運営様の告知アカウントをご覧ください。

https://twitter.com/FestaYnp

 

新刊は再録本……という名を冠してある、かなり書下ろしや未公開作品多めの本になります。

文庫サイズで『いつも月夜に米の飯』というタイトルです。

ただいま鋭意制作中です。

オンラインイベントですので、頒布方法は通販になります。

 

(2021/9/6 追記)

現在、運営様から実施決定のお知らせが出ていない状態です。ある程度同人誌の制作が進んでいることもあり、年内に開催されないようでしたら再録本をイベントより先に発行する可能性があります。

 

 

11月の文学フリマについて

2021年11月の文学フリマは、申し込みを行う予定です。

ワクチン接種の状況が11月ごろにどうなっているか読み切れないためです。

参加申し込みをしました。先着枠に入りましたので抽選なしです。(2021/9/6 追記)

申し込みだけ行い、状況に応じて参加、不参加をイベント前に決める予定です。

 

新刊について

直前で参加を取りやめた第三十二回文学フリマ東京での新刊は、第三十三回文学フリマ東京での発行とします。

また、第三十三回文学フリマ東京での新刊はできうる限り作業を行い、こちらは日付をずらさずに発行を目指します……が、二冊同時はやはり負担が大きいため、あくまで努力目標とします。

 

 

 

通販について

オンラインイベントに参加する予定のため、適宜再開、あるいはイベント時に新刊のみの取り扱いでの通販を行います。

 

 

(2021/9/6 追記)

大将組宴について

参加検討中です。

文学フリマから間がないため、既刊のみの参加の可能性が高いです。

オンラインイベントですので、頒布方法は通販になります。

 

イベントの詳しい内容については、運営様のサイトをご覧ください。

https://taisyoukumi0000eve.wixsite.com/website

 

以上です。