2021年の同人活動を振り返る会

2021年の同人活動を振り返る会。

 

映画キンプリ5周年記念非公式アンソロジー『1827days LOVEダイアリー』

2021年2月14日 発行

 ハルカさんにお声掛けいただいて寄稿させていただきました。いつもと違う名前ですが……その辺はお察しください(笑)。

 

 ファンの文集のような同人誌で、それぞれ映画『KING OF PRISM』への思い入れを語るという趣旨の同人誌です。みなさんそれぞれ思い入れがたっぷりで、いただいたご本を読みつつニコニコしてしまいました。

 

 関西で行われる同人イベント併せの、関西エリート(※『KING OF PRISM』のファンのことをエリートと呼びます)の方主催の同人誌ということで、関東エリート勢の私はあえて関東の写真を入れてみたりしました。

 技術面では、クリスタを使えるようになりたいと思っていたこともありまして、クリスタだけで原稿を作っています。一か所レイヤーの表示ミスがありまして、お恥ずかしい限りです……。

 

 

各色各样

2021年2月28日

https://booth.pm/ja/items/2761823

 おちはらさんに お声掛けいただいて寄稿させていただきました。映画『羅小黒戦記』の同人誌。作品の感想文とか、思いを書くというタイプの同人誌です。期せずして同じようなコンセプトの同人誌に二連続で参加させていただいたというわけです。

 文章でもイラストでもということでお声掛けいただきました。おちはらさんは文章が出てくると思われていたのではないかと思うのですが(笑)、ちょうど上記の『KING OF PRISM』の原稿と執筆時期がかぶっておりまして、クリスタでイラストを描きたいという気持ちが高まっていたこともあり、イラストを一枚寄稿いたしました。

 『羅小黒戦記』は中国の話なのですが、台湾の提灯のようなイメージで描きたいという欲にかられ、そういう素材をぺたりぺたりと張り付けて描きました。トーンのやり方も勉強になりました。クリスタにはいろんなやり方があるんですね……。

 絵自体は相変わらず稚拙でお恥ずかしい限りですが、フルデジタルですと左右反転での修正が楽なので、私にしてはかなり手直しをしてまあまあ見れる感じになったのでは……と思います。いや、本当にめちゃくちゃ直しましたからね……終わらないかと思った……。

 

 

【MMD刀剣乱舞】乱、厚、薬研で『紗痲』

2021年6月22日

https://www.nicovideo.jp/watch/sm38921378

 日付が飛んで、動画です。五月の文フリを欠席したので、二月から五月の間は何も出していませんでした。

 記憶があいまいなんですが、文フリなどの直後に動画ができるということは、おおよそ原稿の気晴らしに動画を作っていたということなんだと思います(笑)。

 元のモーションとモデルの相性がよくて、ほとんどモーション修正をしていません。接触部分と物理の部分の修正くらいです。カメラの修正も一括で高さの調整してそれでいけたように記憶しています。ステージも逆光がうまいこといっていますし。なんというか、すんなりうまくいったという感じのものです。

 一点、モデルの背後から抜くカットが、奥のほうだけ青い光になっていまして。これがちょっと原因がわからないので、空気遠近法的な……遠いとちょっと白く見てる的な……そういうアレだと思ってもらえたらいいなって祈っています。 

 

 

七夕

2021年7月7日

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15561781

 pixivに投稿した刀剣乱舞二次創作。四季本丸シリーズです。

 四季本丸、結構ちょこちょこ書いてるんですが、全然出してないんですよね。原因は対応する季節行事から書き始める、ただそれだけなんですけど……計画性なし。前々からずっと書いては直し、書いては直しで遊んでいたのでほどほどに出来上がっていまして、七夕がきたんだからえいやっと上げないともう外に出す機会がないぞ、と思い、えいやっと出しました。

 四季本丸はちょっとだけ不穏な感じと、当人たちにその気のない厚さにの合わせ技です。四季本丸の審神者ちゃんはいつか自分が審神者を辞めて本丸を去る、あるいは自分の死によって本丸を去ると思っていますし、厚くんも人間に手を出す気がないので一切恋愛方向には進まないんですが、時折ボロが出る、みたいなそんな感じです。

 設定は弊本丸の設定を流用してるところがいくつかありますが(初期刀、初期短刀、環境など)、弊本丸ではないです……(笑)。弊本丸の設定流用は刀剣乱舞としんけん!!のクロスオーバーあたりもそうですね。クロスオーバーのほうが雰囲気を、四季本丸のほうが設備上の設定を、という違いはありますが。

 

 

Sweet Bitter Sweet

2021年7月11日

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15593660

 前々からぐずぐず言っていた『KING OF PRISM』のシン君失恋夢二次創作。脳内にシン君が通っていた中学校のサッカー部の女子マネージャーという謎の女の子がいまして、何かあるごとに悶絶しているのをなだめてるんですが、せっかくだからお話にしてあげよう、と思ってまとめたものです。公立中学のサッカー部に女子マネなんていないでしょ、と思ってるので、その辺は完全ファンタジーです。二次創作にファンタジーも何もあるか(セルフツッコミ)。

 ちなみに私はタイガとレオ君推しです(笑)。

 アップロードしたときのブログ記事はこちら。

 https://uiyun.mimoza.jp/diary/view/117

 

 

元・美少年たちの恋

2021年8月1日

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15716764

 アニメを楽しく見ていた『美少年探偵団』の何話だったかで、「え? これは創眉なのでは?」と突然ラジオの電波が合うように、何かを受信してしまいました。そこから図書館で『美少年探偵団』のシリーズを全巻借りて読んで、最新刊だけ買って読んで、それで勢いで書いた二次創作です。ハマったというより「書ける!」と思ったので書いたという、私にしては珍しい書き方をしたように思います。

 文体って本当に真似が難しいですね。森見登美彦文体の真似をした時も思いましたけど、明らかに読んでいる本の方向性が違う人の語彙を真似するのがすごく難しい。リズム感のようなものはそれっぽくして遊ぶことができるんですが、読書体験の根っこが違う人の真似は無理ですよ。出てくる語彙が全然違う。それっぽい文体にはなるけど全然西尾維新パロディっぽくないな~と思いつつ、別人だから仕方がないよね~と開き直ってアップロードしました。

 ちなみに米澤穂信作品が好きでも米澤穂信先生の文体パロディをしない/できないのは、私が三国志を読んでいないから、です。

 アップロードしたときのブログ記事はこちら。

https://uiyun.mimoza.jp/diary/view/118

 

 

【MMD刀剣乱舞】厚くんで『セカイ』

2021年9月5日

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39293157

 厚藤四郎(刀)の国宝指定記念日とか、厚藤四郎(刀)が上野の東京国立博物館に展示されるとか、そういういうことにあわせて何か記念に出したいよね~!という気持ちで作り始めたら思いの他難しくて時間がかかってしまった動画。国宝指定記念日にも展示にも、ましてや夏にも間に合わなかったという体たらく。

 どの辺が難しかったかっていうと、そもそも配布されているステージがめちゃくちゃ大きいので、ステージのサイズを微調整するところから始まり、影が表示されないので影を表示して……などなどぱっと見では全くわからないところをめちゃくちゃ修正したあたりでしょうか……。モーションやカメラもかなりモデルに合わせて修正しています。

 逆に、画面にあるプリズムの光のようなものはエフェクトを入れただけなので、何か難しいことをしているようでなにもしていないです(笑)。ああいう画面の情報を増やす系のエフェクトが入るとぐっと引き締まるというか、なにかすごいものみたいな(笑)感じがするので重宝します。

 アップロードしたときのブログ記事はこちら。

https://uiyun.mimoza.jp/diary/view/121

 

 

村の贄

2021年9月20日

https://kakuyomu.jp/works/16816700427513705892

 この記事を書くまで存在を完全に忘れてました……! 十月末に消すつもりだったんですが、完全に忘れていたのでまだインターネット上にあります(笑)。

 「殺戮オランウータン大賞」というユーザー主催のコンテストがあると知り、「なんだそれ! おもしろそう!」と思って勢いだけで書いたものです。コンテストを知ってから数日で書いたので本当に雑ですね……へへへ。手癖だけで書いてるのですごく恥ずかしいな……そのうち消します……そのうち……。

 ちなみに、「殺戮オランウータン」だけでほかに二本書いた記憶があるんですが(笑)、それは特に表に出すわけではなくHDDの肥やしとしています。

 

 

星の声を聴く子ども

2021年11月23日

https://booth.pm/ja/items/3464078

 やっと出た! やっと出た同人誌です。やっと出た!

 表紙イラストを外注したりと新しいこともいくつかやっています。

 校正の途中で精神的に限界を迎えてしまい、iPadとApplepencilを買いました(?)。

 そういえばこの本についてはブログ記事を書いていませんね。そのうち何か記事を書こうと思います。

 

 

冬至

2021年12月23日

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=16649596

 先日pixivにアップロードしたものです。刀剣乱舞二次創作の四季本丸シリーズ。ちなみに今年の冬至は22日。ダメじゃん!

 直前にtwitterでいとこ煮の話をしたついでに四季本丸について話してしまったので、言及しちゃったから出すかと観念して出したものです。

 これは『七夕』に比べてかなり厚さに寄りですね。本人たちは恋愛をする気がないけれど、時折際どい話をすることで意思表示をふんわりしてみる、けど決定的には進まない、みたいな理性が勝ち続けている人たちの話です。理性が負ける瞬間は私には書けないので、理性が勝ち続けると思ってください(?)。

 よく少女漫画で(現実に言う人もいるかもしれませんが)鈍感女の子の主人公に男の子のキャラクターが「俺も男なんだぞ」と言って迫るセリフがありますけど、これ、女性側が鈍感だったり無知だったりすることが前提であって、もし自覚的に言ったうえで相手に「俺も男なんだぞ」と言わせていたなら、そこに「私も女なんだけど」って返答が成り立つよな~、というか現実の場合際どい話を振る人に自覚症状がないってことないよな~、みたいなことをずっと思っていまして。でも特にそんな話を書くこともなかったので宙づりになってたんですが、お互いに言いあったわけではないにしろ、書けたんで割と満足しました。

 ちなみにこの話の前に『節分』の話があります。季節考えずに出しちゃうか、本丸設定をちょっと話してる『大寒』を仕上げちゃうか迷うところです。

 

節分

2021年12月31日

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=16713275

 「ええい! こうなったらとことん棚卸してやるぜ!」という感じで、大みそかに節分の話を出すという狂気。刀剣乱舞二次創作の四季本丸シリーズ。もはや四季もへったくれもない。本当は、暦通り出すシリーズにしたかったんですよ。本当だよ。ちなみに時系列的には『冬至』の前で、実はこれ、設定上巴ちゃんが実装されたばかりの頃の話になります。いつの話だよ。

 『冬至』に比べて厚さに成分はほぼないです。男士たちがのんびり悪ノリしてる感じの話。この後の『大寒』もだいたいこんな感じです。というか基本はこういうノリです。割とこういうノリが好きというか、こういうノリをやりたくて作ったシリーズなので、実際のところ厚さに成分は重要ではないのですよね……ないわけではないんですよ的なそのくらいのことです……というかなくてもよかったのでは……。(言ってはいけない)

 初期刀の加州があまり出張ってこないことにも触れた話ですね。この辺の設定は弊本丸の設定を流用しているので、知っている人は知っている例のアレです。アレです……。

 

 

 以上、2021年の振り返りでした。このブログ記事投稿後に何か投稿したりしたら追記します。   追記しました。(2021/12/31)