第三十四回文学フリマ お疲れさまでした!

 第三十四回文学フリマ、お疲れさまでした! 弊サークルまでいらしてくださったみなさまに御礼を。

 

 当日はコロナ禍以前と比べても一般入場の方が多く、入場者列が途切れない状態に驚きました。「え、文学フリマってそんなに並ぶイベントだっけ?」(失礼)と思うほどでした。

 一般参加の方が多かったこともあり、本を買いに行くよりも頒布するほうを優先しました。結果、お友だちの本を二冊と、途中で気になった本を一冊買っただけに……。友人知人のみなさんに直接ご挨拶にうかがうこともできませんでしたし……両立は難しい。

 その代わりと言っては何ですが、いつも一般で参加されている姿を拝見しつつもご挨拶し損ねてしまう知人のかたにご挨拶できて良かったです。まあまあ頻度高く趣味の飲み会でお話しするかたなのですが、「なんでこんなところに……?」と言われたのには笑ってしまいました。そういえば、文学フリマの話をした記憶がありません。実はいつもいます。

 友人知人にこちらから会いに行くことは難しかったですが、前回ご購入いただいた『星の声を聴く子ども』を気に入ってくださったかたがまたいらしてくださったり、『竹林を連れた美女』の表紙をみて一発で森見登美彦リスペクトと見抜いてくださったかたがいらっしゃったりと、サークルにいらしてくださった方との交流が楽しかったです。

 

 お隣の黒川さんと前回の文学フリマの時に「在庫処分市をしたい」という話になり、文字通りの在庫処分市をしました。

 私がIKEAの紙箱を持ち込み、黒川さんがゴシック体で「新刊を作りたいので部屋を圧迫する在庫をもらってください 何冊持ってっても無料です」と書いたポスターを持ち込みました。ゴシック体で率直に現状を書いたポスターがいいなあと思っていたら、事前打ち合わせで黒川さんがゴシック体で率直に現状を書いたポスターの画像を見せてくださったときはさすがに笑いました。

 会場では参加者の方やなにがしか制作されているかたがポスターを見て笑ってくださったり、「気持ちはわかる」と言ってくださったりしました。私たちもなんだか楽しくなってきてしまって(笑)、始終笑っていたように思います。「気持ちはわかる」と言いつつ重たい荷物に私たちの本を加えてくださったみなさん、本当にありがとうございました。これで新刊が作れます(笑)。

 単純に部数を読み誤って50部、100部刷ってしまっただけの本だったので、捨てるのは忍びなく……こうしてみなさんに読んでいただく機会をいただけて本当に良かったです。楽しんでいただけたらいいなあ。

 実は我々の部屋には今回配布した本の在庫がまだまだありますので(…)、また来年にでも在庫処分市ができたらなと思っています。

 それにしても、もう何年も動いていない本を多くの方にお持ちいただいたのは……私のマーケティング下手っぷりがいかんなく発揮されていた結果なんですかね……へへへ。

 

 帰りに何かお腹に入れて帰ろうと思ったんですが、浜松町の再開発で本当にお店がない! オフィス街だからそもそも日曜にやってるお店が少ない! やっていても夜六時まで! という状態でかなり本気で頭を抱えました。確実に何か食べられる店を開拓しなくては……。

 

 一日本当に楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございます。また十一月にお会いしましょう。

 

 ……と、きれいにまとめてみました。ここからは当日より前の話になります。

続きを読む