アガらないときは

アガらないときは、本を読んだり、アニメをみたり、映画をみたりするに限ります。

と、いうわけで(?)、今期のアニメメモ。

 

以下、だらだらと長いので、折り畳んでおきます。

 

今、みているアニメ

 

キノの旅 the Beautiful World

これを見ずして何をみる、枠。

声優さんが総入れ換えなので、いろんな感想をみる。

私はエルメスを、「子どものふりをする大人」くらいにみていたので、

今回の斉藤さんの声は、私の中でわりとイメージに近い気がする。

全体的に「アニメーションとして綺麗」なので、逆に寓話感が減っているような気がするので、

気にしながらみている。

 

UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~

これを見ずして何をみるのだ、枠。週刊少年マガジンで育ったもので……。

『UQ HOLDER!』はたしかに、『ネギま!』の未来の話なので、

魔法先生ネギま!2』とつくのは、飲みこめないけど納得はする、という感じだった。

ただ、OPが『ハッピーマテリアル』だとわかり、

「そこまでネギま!とのつながりをアピールしなくても!」と、わりとぷんすこしていたが、

実際流れると、テンションがあがるので、なんかこう……ずるい。(?

一話の冒頭が、原作のイメージだともう少し暗いかと思っていたのだけれど、

救いがある感じになってたので、それはそれでいいなと思う。

 

よく不老不死になると孤独になる、という物語がある。

『ネギま!』の話だけだと、エヴァちゃんだけが生き続けることになる。

『UQ HOLDER!』は、不死者が集まっている話なので、

不死者のエヴァちゃんが一人ではない、という救いがあって、好ましく思っている。

ネギくんのお父さんが好きだったエヴァちゃんが、ネギくんを弟子にして、

ネギくんの孫にあたる(とされている)刀太と親子のようになり、

共に不死者としていっしょにいるって、業が深いけれど(笑)、

エヴァちゃんというキャラクターにとってはとんでもなく救いの物語だと思うんですよ。

だから、すごく好ましい物語だと思っているのです。

 

そして同時に、『ネギま!』の読者にとっても、救いの物語なんですよ。

不死者になったはずのネギくんが死んでしまい、

従者であったロボットの茶々丸が壊れるという未来が提示されている以上、

こうやって救いを提示されるのは、とても嬉しい。

 

話がそれた。

エピソードをショートカットし、テンポも原作よりかなり上げている印象。

初見だと違和感があるのでは?と心配。

肝心の、ネギくんが出てくるところまでが長いので、致し方がないのだけれど……。

絵は、原作の絵柄がそもそもアニメっぽいので、

原作の印象が変わることなく、安定しているな、という印象。

 

宝石の国

アニメーションの、技術系の雑誌が、「撮影」をテーマに、

この作品を取り上げていたので、気になっていた。

京極監督だと知り、さらに気になったのでみている。

お話のテンポがすごくゆるやかなので、30分アニメなのに一時間みている気がする。

タルいのではなくて、このゆるやかなテンポが作品に必要なテンポなのだと思う。

 

鬼灯の冷徹 第弐期

安定の、『鬼灯の冷徹』。

一期よりテンポが遅い気がして、

「こんなテンポだっけ……?」

と、首をひねっているけれど、こんな感じだったかもしれない。

 

魔法使いの嫁 

これを見ずして(ry

借りたり、なんなりでチラホラ読んでいたのだけれど、

手元に漫画があるわけではないので、お話の全体を理解しているわけではない。

なので、アニメになるのは大変ありがたい。(おい

 

アイドルタイムプリパラ

継続。気が向いたらのんびりみている。

ここのところ、あまりみれてない。少しずつ続きをみたい。

 

リルリルフェアリル~魔法の鏡~

継続。気が向いたらのんびりみる。

というか、あまり見れてないので、本腰入れたいけど、なかなか見れてない。

とにかくかわいい。そして頭おかしい。

 

これからみようと思うアニメ
クジラの子らは砂上に歌う

タイトル勝ち。すごく気になるのでみたい。

 

アイドルマスター sideM

みているみんながきゃっきゃしてるので、楽しそうだな、と思っている。

原作ゲームは、古き良き携帯電話のゲーム、みたいな感じで続けられなかったのだけど、

アニメならば、お話もあるし、全体を把握できるかな、と思っている。

 

みたいけど、見ていない or 録画がたまっているアニメ
魔法陣グルグル

世代的に、懐かしいので……みようと思っていたのだけれど、

お話の初めからやってくれたばかりに、

「これは前にみたから、前に見てないところからみたい」

みたいな気持ちになってしまい、すっかり積んでしまっている。

何も不満がないのが、かえって遠ざかる理由になっている気がする。(?

 

クラシカロイド

どんどん録画がたまってしまっている、という事実が怖い。

 

Fate/Apocrypha

積んでる。

Fateシリーズは、どうもこう、原作のノリが苦手だ。

昨今FGO界隈で言われている、「寒いセクハラが嫌だ」という話ではなくて、

リズム感?があまり合わない。

なので、第三者の手が入ったアニメでお話を理解しよう、と思っている。

思っている。思っているんだ。積んでるけど。

 

妖怪アパートの幽雅な日常

原作小説が気になっていたので、ちゃんと見ておきたい。

と、いいつつ、積んでる。

 

ボールルームへようこそ

絶対好きなやつ、と思っているのにみていない。録画はたまる一方。

 

このはな綺譚

なんかよくわからないけど、絵がすごくかわいいのでみたい!!!!!(語彙力の低下)

 

少女終末旅行

ビジュアルが大変好みなので気になっている。

 

大正ちっちゃいさん

イメージビジュアルがかわいいので気になっている。

 

ドリフェス! R

アイドルものは、ネタとして収拾しなくては……みたいな気持ちになるのだが、

一期を見てないので、どうしたものか……。

 

おそ松さん 2期

話題作なので、一応……と思いつつ、

一期の途中で、下品なネタに疲れてみなくなってしまったので、

このまま見ないかもしれない……。

編集さんのカットがすごいので、技術面で気になるアニメなのだけれど……。

監督の指示の下、1コマ単位で切ってるというインタビュー記事を一期のときに読んだ。

書き出しの段階で、ずれるレベルであり、みている人がわからないレベルなので、

そんなカッティングに意味があるのか、という話もあるみたいだけれど、

それでもなお、こだわって作っているというのが、すごく気になってはいる。

気になってはいるんだけど……下品なんだよなあ……ネタが……。

 

血界戦線 & BEYOND

そもそも、一期を積んでるので、迷っている。

一期は松本理恵監督だったので、テンションがめちゃくちゃあがって録画していたけど、

みていなくてごめんな、という感じ……。

そして今期は、一期の最後がアレだったので、松本理恵監督が降板してしまったので、

微妙にこちらのテンションがさがってしまって、みようか迷っている。