文フリの新刊

前回の記事で、アニメの感想を書いてしまったんですが、

慣れない内容だとどうもいけませんね……しっくりきません(笑)。

 

文フリの新刊をちまちま書いています。

書いては消し、書いては消しを繰り返していたのですが、

最終的に、会話を多くして進めるタイプの話だったのかなあ、と思い、

とにかくキャラクター二人におしゃべりさせています。

 

癖というよりこだわりに近いんですが、

鍵カッコが三つ並ぶと、そこでいったん地の文を入れなくてはいけないような気持ちになります。

それ以上は会話を並べたくないというか……違和感を感じるのですね。

ですが、今回の話は、どちらかというと、

意味のないおしゃべりが重なる方がいいのかなあ、と思い始めています。